Musée Claude Debussy

July 12, 2018

パリから電車で30分程のSaint-Germain-en-Layeにある、ドビュッシーの生家に行って来ました。二部屋程の小さなスペースに、ドビュッシーに所縁のある品々が展示されています。中でも中心に飾られていたのが、映像第2集、金色の魚の着想にもなった錦鯉の蒔絵でした。ジャポニズムへの関心を感じるものが数多くあり、日本人としてなんだか嬉しくなってしまいます。
ドビュッシーへのオマージュとして、マイヨール(Maillol 1861-1944)が作った彫刻には、牧神の午後への前奏曲のワンフレーズが。マイヨールと言えば…つい数日前に、藤田嗣治の展示をマイヨール美術館へ観に行ったばかりでした。今年は藤田嗣治の没後50年、ドビュッシー没後100年、日仏友好160周年。日仏の文化交流が密な一年です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドビュッシーの生家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドビュッシーの愛好家から95年前に贈られた碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイヨール作

クロード・ドビュッシーへ捧げるモニュメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

錦鯉の蒔絵

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

May 6, 2019

April 22, 2019

May 10, 2018

April 24, 2018

March 25, 2018

February 11, 2018

January 25, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload